You are here

借りやすいカードローンとは?

借りやすいカードローンや住宅ローンを学ぶ

カードローンとは、個人向けの無担保ローンのことで、限度額の範囲内なら何度でもお金を借りることができたり、ATMを利用して簡単に返済することができます。消費者金融より銀行が提供するカードローンの方が金利が低いことが特徴です。 原則的に定職に就いており、安定した収入がある方なら申込みは可能ですが、審査に通らないことも良くあります。

利用限度額が低い場合には、年収証明書や保証人を提出しなくても申込することが可能です。限度額10万円のカードローンもありますので、学生や専業主婦でも作れるカードローンもあります。

カードローンはフリーローン(広告リンク有)のひとつなので、資金使途が限定されないところが大変魅力的!しかしながら、一旦審査に通るとATMから簡単にお金を借りることができてしまうので、必ず使い過ぎに注意しましょう。

提携広告

審査が厳しいローンと言えば住宅ローンでしょう(広告リンク有)。せっかく家を購入することを決めたのに、充分な資金が手元にある人を除いて、通常は住宅ローン審査に通らなければ家を手に入れることはできません。

住宅ローンの審査項目として、個人の信用情報が大変重要となります。クレジット系の保証会社と銀行系会社の保証が必要になり、銀行会社の審査に合格しても保証会社の審査に通らなければ、ローンを利用することはできません。 ローン審査前には、年収や勤務先・勤務年数などを心配がちではありますが、実は、過去の消費者金融の利用、過去のクレジットカード利用金額やキャッシングの延滞、リボルビングシステムの利用状況、現在のローン状況、クレジットカードの保有数などが重要視されています。

提携広告

審査申請前には、最低限、利用額の返済を行ったり、使用していないクレジットカードを解約するべきです。 家を購入する契約を行う前に、住宅ローンに通るかどうかを事前に確認しておく審査を事前審査といいます(広告リンク有)。約1週間程で審査は完了します。

銀行はどんな項目を基に事前審査を行っているのでしょうか? まず、ローンの完済を終える年齢は80歳未満と設定している銀行が多く、80歳を超えるような住宅ローンの申込は審査に落とされる可能性が高いと予想できます。同様に、借りる時点での年齢が高い場合も落とされる可能性が高くなります。 その他に、勤務年数や年収、担保評価、返済負担率、健康状態などが主なチェック項目です。携帯電話料金や年金・税金の滞納があったり、クレジットカードの返済状況によっては落とされることが多いにあります。

しかし、例えブラックなあなたにでも、お金を貸したい業者は存在します。大手ではない企業や新規開設したばかりの業者など、顧客を獲得するために審査基準が非常に緩く設定されており、借入に成功しやすいでしょう。

 

提携広告

当サイトは、各社様の告知を広告として掲載しています。各サービスのご利用にあたっては、ユーザー様ご自身の判断により行って頂きますようお願い致します。
当サイトの掲載内容には万全を期していますが、ユーザー様が弊社のページをご利用した事により発生する、直接的および間接的損害に関しては一切の責任を負いかねます。